FC2ブログ

クロモリ フレームのmacchi(マッキ)ブルース

オーダー クロモリフレーム ビルダーのブログ

カンパニョーロ メンテナンス キャンペーン!

カンパニョーロ メンテナンス キャンペーンを実施します!

カンパの消耗部品を20%いたします。

ワイヤー、ブレーキシューはもちろん、この際にCULTベアリング?など、、。

期間は2月21日まで!



オーバーホールのこの時期にしっかりとメンテナンスしましょう。
色々交換するとどうしても出費がかさみます、、。
このお得な期間に、自転車をリフレッシュして春のサイクリングシーズンを迎えては?

macchi cyclesではオーバーホールも受付しております。
クロモリフレームならオーバーホール時に、芯だしなどしてフレームの歪みを修正して、本来の性能を出します。

また、クロモリですと少し加工して、ダボ穴追加や、Di2仕様のフレームに加工もできます。
色の塗り替えも楽しいですよ。

古いフレームが新品のように甦ります。
それもパワーアップして、、。

こういう、色々な事も出来るのがクロモリフレームの良さの1つです。

話は反れましたが、メンテナンス、オーバーホールお待ちしております。



#マッキサイクルズ #メンテナンス #カンパニョーロ #カンパ #サイクリング #ロードバイク #macchi #campagnolo
スポンサーサイト



お取り扱い開始 rowlow mountain works

新しい商品のお取り扱い始めました。

row low mountain worksです。

こちらのconcept

RawLow Mountain Worksはバッグデザイナーとして20年以上のキャリアを持つ2人のデザイナーが2015年に立ち上げたバックパックを中心とした新しいマウンテンギアのブランドです。
デザインの初期衝動「自分たちが使いたいもの」の気持ちを大切に、ハイカー、サイクリストでもあるデザイナー自らフィールドテストを繰り返しながら開発しています。生産は東京の自社工場で1本1本丁寧にハンドメイドでつくりあげています。

わたしが初めに目にしたのが、
サドルバッグでした。
サドルバッグなのに、取り外せばバックパックにもなる優れもの、、。
是非、お店に置きたいとお願いして、10ヶ月ほど、、。

やっときました!



bike'n hike bag 16,000円(税別)
容量:8~10L
重量:360g(ショルダーストラップ込み)



こんな事が出来ます!

使い方が増えるので、色々な所に持っていけます。
このアイデアは素晴らしい。

しかもアウトドアメーカーらしく、オシャレでかっこいい。
このへんは自転車アクセサリー類のモノとは、比べのもにならないです、、。


そして、“Hand made in Japan” 想いを届けるということ

RawLow Mountain Worksの全ての製品は我々の目が行き届く、東京は下町の自社工場で一本づつ丁寧にハンドメイド生産されます。

やはり、モノを作っている身としては、
このこだわりは共感します。

ですので、基本的にはメーカー在庫がなく、注文したモノだけが作られて、無くなれば終わり。

要るものを要る分だけ作れば良い。

そうすると、モノの価値がわかり、無駄なものが無くなり、ゴミも減り、モノを大事にするのでないでしょうか、、。

と長くなってしまいましたが、
その他にも商品を発注していますので、
お楽しみに!

その他、クロモリフレームなどでお困りな事ありましたら、macchi cyclesまでご相談下さい!






Grinduro!(グラインデューロ)

10月12日に行われるイベント、
グラインデューロに出展いたします。



このイベントは世界で何ヵ国かだけ開催されていて、日本も開催が決まりました。
エントリーも即完売という人気のイベントです。

開催場所は信越・斑尾エリア。

長野県北部と新潟県にまたがる信越エリアは、2つの国立公園、雄大な流れの千曲川や点在する湖沼に囲まれ、冬には世界有数の豪雪地となる。

日本らしい自然豊かな山岳エリアとなっており 森の中のシングルトラック、林道や峠道、田園風景の広がるグラベルロードまで日本特有の空気感を感じることのできるエリア。 

ここのエリアに入って感じるのは、実に人が暖かい。そして多くの温泉、守り続けられる伝統産業、クラフト、稲作、ローカル特有の食文化、酒蔵が点在するなど、
自然からの恵み受けそこに敬意を払いつつも楽しんで生きる人々のカルチャーを感じることができる。

そもそもグラインデューロとは?
GRINDURO JAPANでは、マウンテンバイクライダー、シクロクロス、グラベル好き、土の上が少しでも好きな人はとことん楽しめるイベントです。

グラベルロードのレースとマウンテンバイクのエンデューロを織り交ぜた、グラインデューロならではのスタイル。

1日のコースには、舗装路、グラベル、ダートが含まれ、ゴールタイムは4つのセグメントのタイム計測の合計に基づき決定される。

オールラウンドなライディングスキルが求められ、元プロダウンヒルレーサー、プロロードレーサー、シクロクロスの現プロライダーがこれまでに海外では勝利を収めている。

しかし、グラインデューロはただのバイクレースではない。

楽しいことが一番!フード、ハンドメイドバイク、心地よい生演奏、キャンプ、そして和気あいあいとした雰囲気から生まれるお祭りなのです。

音楽フェスによく似た雰囲気がありそうですね、、。

一応仕事ですが、仕事を忘れて楽しんで来ます!

グラインデューロのHP

山下塾 in bike&camp

先日青川峡キャンピングパークで行われた、バイク&キャンプ。

マッキサイクルズも出店させて頂きました。
それの夜のマッキサイクルズのイベントで、元プロ選手の山下 貴宏さんをお招きして、安全に走る講習会をして頂きました。

山下さんのーーブログーー

macchi cyclesのBBQ後、講習会がスタート。



参加者の半分は自転車のショップ様、、。
安全に走れてこそ、ロードバイク。
そこの感心が高いショップ様達です。

売るだけでのショップもダメですし、速さだけを追い求めて、自分は安全だと思い込んでいる方、本当に多いです。

事故を起こしてからでは遅いです。

内容は映像を交えて、危険予測をしながらの講習会。難しくは無いのですが、自分の乗り方を再認識出来る講習会でした。

講習会後も、焚き火を囲んでワイワイとやってました、、。

自然の中で、楽しいひとときでした!

また山下塾もmacchi cyclesでも開催して下さるという事なので、楽しみにです!



全員は揃って無いですが、集合写真、、。

山下さん、来て頂いたお客様、サイクルショップ フカダ様、オカルトサイクル様、自転車処 どてるし様、
ありがとうございました!



お客様(自転車処どてるし様)のマッキサイクルズの650bグラベルロードとのツーショット。

フレームオーダー、クロモリフレームで修理なども承ります。

お気軽ご相談下さい。








2019 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

信楽町に移転してから初めてのお正月。

年始は4日から営業です。
macchi cycles、2019年もよろしくお願い申し上げます。



macchi cycles
植田

| ホーム | NEXT »

« | 2020/04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -