fc2ブログ

クロモリ フレームのmacchi(マッキ)ブルース

オーダー クロモリフレーム ビルダーのブログ

di2専用からワイヤーへ

今回の修理加工はシマノdi2専用フレームです。
専用フレームですので、
ワイヤー引きのコンポは使えません。
そこで、ワイヤーを引けるように、ワイヤー受け(ワイヤー台座)を取り付ける作業です。


チネリのカーボンフレーム、ベストオブ。



シフトワイヤーを引く為の台座を取り付け。アジャスターも取り付け出来ます。



BB裏のワイヤーリードも、シマノ製では合いません、、、。
ですので、フレームに合うように、削って作ります。
ワイヤーがフロントディレイラーまでアクセス出来るかを確認して完成です。

これで、ワイヤーのコンポも使えるようになりました。

時代と共に変わるフレームとパーツ。
その中で取り残されたモノも沢山あると思います。
こういった加工で、また使う事が出来るようになります。

macchi cyclesでは、フレームの加工や修理、再塗装、またメンテナンスやオーバーホールなどもやっております。

何かお困りな事ありましたら、
お気軽にご相談下さい。

スポンサーサイト



TIME カーボンフレーム修理

今回はTIMEのカーボンフレームの修理です。
たまたまですが、違うところからの修理依頼ですが、2つともTIMEでした、、、。



2つともエンドの修理です。

まず1つ目はリアディレイラーがホイールに巻き込み、リプレイスエンドが折れる。
その衝撃でフレームのエンドが曲がり、新品のリプレイスエンドが装着出来ないというフレーム。

タイムのフレームはリアエンドがアルミですので、曲がった所を少し修正、あまりやると折れて終了になるので丁寧に、、、。


ズレを修正。

伸びた金属は元には戻りません。
ネジ穴が合わないので、色々なところを修正して完了です。


次のフレームは1つ目のフレームより困難で、エンド部が折れてしまっています。



色々な方向から補強して修理を考えましたが、エンドを差し替えるという方法で修理します。
しかしタイムと同じリアエンドがありませんので、在る物でやらなけれぱなりません。シートステーとチェーンステーの角度をチェック。
あと差し込み部のカーボンの径が合うかどうか。色々と不安要素はあります。
取り敢えずやってみないとわからないのでやってみます。

まず、アルミのエンド部を取り除きます。


カーボンフレームに差し込んであるので、慎重にやらなくてはなりません。

角度はほぼ合ってましたが、径が少し違うので、エンドの方を削って合わせます。
あと差し込み部が元より短いので、差し込み部を少し延長して接着面積を増やします。

少しフレームのシートステーが短いので、こちらも少し延長。

接着して乾燥させます。

接着剤が乾燥後、カーボンシートを少し巻き付けエポキシで固めます。
こちらも乾燥したら、ウレタン塗装で仕上げて完成です。



最後にホイールがまっすぐ入るように修正して完了。

今回はショップ様からの依頼で修理しました。どちらも直らなければ、使い物にならないフレーム。
ショップからすると、直さずに新しいフレームを進めた方が利益が出るはずです。
しかし、わざわざ検索して修理が出来るmacchi cyclesを探して、''直す''という選択をされました。
凄くお客様を想っての選択だと思います。

ただ売るだけ、利益を取るために無茶な提案をしてくる、こういったショップも沢山あります。
もちろん利益は追及しなくてはなりません。
しかし安くは無い自転車です。
最善の提案をしてくれるショップさんもあります。
そういうショップさんを見つけて、
そういう所で購入して下さい。
自転車のメーカー、ブランドだけでお店を選んでませんか?


マッキサイクルズでは、ショップ様からの修理依頼も承っております。
もちろん、一般の修理もです🎵

クロモリフレームの修理、カーボンフレーム修理、オーバーホールやメンテナンスも承ってます。

またご不明な事ありましたら、
マッキサイクルズ HP お問い合わせ
よりご連絡ください。


ビアンキ レストア

なかなかブログが書けず、久しぶりの投稿。
今回は30年ほど前のビアンキのクロモリフレームの修理と再塗装です。

この年代のビアンキはイタリア製っぽい。
各メーカーが、自社で他にはない良いモノを作ってた時代ですね、、、。
現代では、ほとんどのメーカーが中国産で高価な、ワクワクしないフレーム。
驚くのは高額な価格のみ。

話がそれました、、、。

こちらのビアンキの、チェーンステーが金属疲労で割れてきて、交換です。
(交換前の写真、消去してしまいました、、、)

メッキも施してありますので、メッキも剥離して、再メッキ→再塗装でレストア完成です!







ほぼ同じ仕様で蘇りました!

もうこうなると、新品同様フレームです。
ここからまた、長く乗って貰えると思います。

macchi cyclesでは、他のメーカーのフレーム修理、そして自転車のメンテナンス、再塗装、ガラスコーティング、セラミックコーティングなどやっております。

フレームのプロだからこその、塗装やコーティングの知識は豊富にあります。
お困りな事あればお気軽にご相談ください。

マッキサイクルズのHPこちらにお問い合わせください。

カーボン修理、クロモリ修理

macchi cyclesでは色々なフレームの修理のご依頼があります。

定期的にこのような事柄をご紹介していきます。

修理と言っても、あまり費用がかからないモノから、かなりの費用を要するモノまでさまざま。
しかし、お客様の思い出や、愛着のあるフレームだったりすると、費用がかさんでも直して欲しい依頼もあります。

本来ならば、そのメーカーがしっかり修理までするのが、そのメーカーを選んでくれたお客様へのサービスの一環かと思いますが、ほとんどのメーカーが修理を行わない。
言わば、使い捨てフレーム状態です。
売っておしまいの商売を見てると少し悲しくなります。新品同様を売る方が儲かるのはわかりますが、ユーザーさんも少し色々な視点からモノをみて欲しいとも思います。

macchi cyclesでは他メーカーでも修理はいたします。
もちろんメンテナンスもいたします。
お気軽にご相談ください。


前置きが長くなりました、、、、
今回はカーボンフレームのボトルダボがもげた件。



ボトルダボの打ち換えなら、簡単なのですが、カーボンごともげてます、、、。
直し方も悩みます。

今回は裏側にカーボンを張り付け補強して、穴開け直し→ボトルダボを打ち直しで完成です。


次は、クロモリフレームのエンド幅の変更と芯だし作業。




次は、クワハラBMXのクロモリフレームのダウンチューブ交換です。
大きく亀裂が入り、使えません、、、。



ダウンチューブのみ差し替え。



補強材などあり作業は難しいところもありましたが完成です。


また修理事例は色々出していきます。

クロモリフレーム修理、メンテナンスなどでお困りの方は、マッキサイクルズまでお気軽にご相談ください。





パイプ重量 比べてみる

自転車を選ぶ上で、多くの方が気にするであろう"重さ"。

フレームを製作する者として、パイプの重さなどは良く量ったりします。

ユーザーさんは、フレーム総重量は良く目にする事はあってもパイプ単体でみることは少ないかと思います。

今回はクロモリ(カイセイ019)、ステンレス(レイノルズ953)、カーボン(グラファイトデザイン)パイプを量ります。


まずはクロモリ、カイセイ019。
こちら軽さと剛性のバランスの取れた、スタンダードなパイプ。



次にステンレス、レイノルズ953。
こちら、macchiで取り扱う金属パイプでは、1番剛性の高いパイプ。肉薄で軽量。


最後はカーボン、グラファイトデザイン。



結果
クロモリ 285g
ステンレス 185g
カーボン 128g
(カーボンはほんの少し径が小さい)

クロモリ、ステンレスでも肉厚が違うモデルは沢山あるので、参考程度に、、、。

ここからサイズに合わせてカットして使いますので、バテッドパイプと、プレーンのカーボンでは重量差が縮まります。

今回はこんな感じ。

色々な事を細かく見ていくと更に楽しいですね。ジオメトリーなども見てみると面白いですよ。
大手ブランドのヘッドアングル(角度)がサイズごとに違うのに、フォークのオフセットが全て同じとか笑。
それでハンドリングなどトレール値など、
むちゃくちゃです、、、。

メーカーがどのように、コストを掛けずに作ろうとしているかわかります。
うちもコストは掛けたくないですが、掛かるモノにはしっかりと掛けていきます。

それの積み重ねで、良いものは出来ていくんだと思います。
大量生産、大量消費ではないので、ゆっくりじっくりやっていきます。

またクロモリフレームや、修理などでお困りな事ありましたら、マッキサイクルズまでお気軽にお問い合わせください。

macchi cycles HP




| ホーム | NEXT »

« | 2024/02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -