クロモリ フレームのmacchi(マッキ)ブルース

オーダー クロモリフレーム ビルダーのブログ

イタリア 初日

イタリア研修、行って来ました。
まとめて書くのと、色々ありすぎて記憶があいまい、、、。では最初から。


初日。
成田エクスプレスに乗って成田空港。
初の国際線。イコール初海外。



飛行機もひさびさに乗る。

飯はあんまりおいしくない、、。

十時間ぐらい乗ってドイツフランクフルト空港で乗り換え。その十時間がしんどい、、。

ドイツに到着。
入国手続きの係員がむっちゃ態度悪い、、。
少し空港ぶらぶらして、イタリア行きの飛行機に乗る。

そしてイタリア、ミラノに到着。

長旅と時差?でかなり疲れた。

イタリアは夜の9時ぐらいまで明るい。
だから時間の感覚がわからん。

みんなで飯食ってホテルで就寝。
スポンサーサイト

出版社へ潜入

何日か前にメールが届きました。
読んでみると、、、、。

「ん、、、。」

エイ出版??(バイシクルクラブで有名の)
連絡をいただいたのは、BICYCLE PLUSの編集部の方。


内容は、オリジナルジャージの特集をやるらしく、滋賀のチームGenericoジャージを載せたいので
貸してください、とのこと。

もちろんOKです!!

エイ出版の住所をみると、むっちゃ近い~。歩いていける~。



ということで、本日行ってきました。

NCM_0377.jpg

中に入って、ごあいさつ。
初の出版社潜入!
昔広告屋さんに働いてまして、雰囲気は似てる・・・。

中にはさすがに自転車がいっぱい置いてある。
あとバイクのメットやらなんやら、、、。

担当の方とお話してジャージを渡す。
この前の落車でのジャージ損傷はほとんどない。(あんなに強打したのに不思議、、、。)
こだわりのポイントやら、チームやらなんやら質問攻め・・・。


ということで、出来上がりが楽しみー!

載らないってこともあるのかなー?!
わからないけど・・・。


そして明日からイタリア!

はよねよ。




フジ55

昨日、フジスピードウェイでレース。
トレーニングも全然出来てないなかでのレース。そして東京に来てから初レース。
そして人生初の○○したレースでした。
250km,160km,100km,と距離を走り、タイムを競う。

朝4時にレンタカーで出発。
上に5台、背面に2台乗せれるエルグランド。


高速道路で御殿場まで。

降りて霧がすごい。昼から雨の予報ですがすぐにも降りそう。
フジスピードウェイに着いて準備開始。





ピットは鈴鹿より狭い気がする、、。

学校仲間10人で行き、半分ずつで走ります。160kmのカテゴリーで。

Aチーム


Bチーム


試走、アップダウンがあり、コーナーが少ない。2周走ります。

スタート時間に近づいても始まらない。

駐車場の入場に時間がかかって1時間後のスタートとなりました、、。



スタートです。
僕は4番手なので、順番待ち。
2周交代ですが、行けそうなら3周行くよと伝えて、出発。

なかなかいい具合のスピードの人が見あたらず一人旅、、。

様子見で、1周目を走る。上りはしんどいけど、少し頑張れば下るので踏ん張る。

2周目はいいぐらいの3~4人と一緒に走る。上りも食らいつき、行けそうなので3周目突入!ローテでいい感じ。が、アップダウンで少しずつバラけて行く。最後は一人でピットイン。

少し雨もパラついてきた。
落車もチラホラ、、。

2回目の出発。
また3周の予定で走る。雨もだいぶん降ってきた。
1周目は少し抑え気味で行き2周目。
第一コーナーで落車みたい。

そこからどれくらい走ったかわからないが一人旅で、何もない直線で、前にいいぐらいのスピードの人発見。後ろに付こうと思ったが、少し遅いのでかわす事に。右から抜きはじめると、前の人が少しこっちに寄ってくる!あっ!!っと思ったら、、



落車、、。

一瞬でした。
どうこけたかもわからないぐらい。ただ、アスファルトの上を転がってる感覚だけはありました。

とりあえず、起きることはできる。
相手も起き上がれるみたい。
コースからでて、あまりの肩の痛さにしゃがみこんだ。相手を心配する余裕もなく、ひたすら痛い、、。

自転車もどうなっているかわからない。
ただ相手のリアディレイラーが折れて、アスファルトに落ちているのだけは見えていた。
相手は案外平気そうで、「後ろから追突ですよね?」と声をかけてきた。僕は「あなたが寄って来たから避けれなかった」と返した。肩が痛くて、会話もままならない。

そのままタンカに乗せられ、車でメディカルへ。

レントゲンで内臓の検査。あとよく見ると、両膝、両肘に擦過傷。水でキズ口を洗ってもらいガーゼを貼る。肩が痛すぎて他のキズがましにみえる、、。
肩と腰にも擦過傷。

三角巾で腕を吊すと幾分かマシになった。

とりあえずピットに戻らねば、、。

カートで送ってもらいみんなの所へ。

心配かけまいと、明るく振る舞った。
本当はかなりショックと痛さと自転車が心配。

みんなは僕が帰って来ないから、心配していてくれたみたい、、、。

とりあえずレースはまだ終わってないので、最後まで走ってと頼んだ。

雨もひどくなってきたが、みんな走ってくれた。それでなんとかゴール。

自転車を積み上げで、帰り支度。
ぼくが運転出来なくなって、違う方に運転してもらう、、。じゅうたいに巻き込まれながらも、家まで送ってもらった。


本当にみんなに助けてもらった1日でした、、。ありがとう。

少しこのイベントについて。まずこの日の駐車場の渋滞により1時間遅れた。それに速報リザルトが1時間ぐらいで止まってしまい、今何周かわからなくなった。ピットレーンも鈴鹿みたいに警備員がいないので、レーンに人が入りまくりですごく危なかった。あとで聞いた話しですが、このイベントの落車で1人の方が亡くなったらしい、、、。同じ自転車乗りとしてご冥福をお祈りします。

たら、れば、を言いはじめるとキリがないのですが、もし予定時間に始まっていれば、僕の落車はあったのかな?とか、亡くなった方は落車したのかな?とか色々考えてしまいます。それも責任転換になってしまうのでこのへんで、、、。

病院に行ったり、保険の事とか、自転車修理とか色々考えると憂うつです。

とりあえず肩のいたみ我慢して寝ます。

| ホーム |

« | 2012/07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2Ad

まとめ