FC2ブログ

クロモリ フレームのmacchi(マッキ)ブルース

オーダー クロモリフレーム ビルダーのブログ

修理、芯だしなど、、。

今回も修理などの作業です。

ビバロ(VIVALO)のクロモリオーダーフレームのダウンチューブ割れで、ダウンチューブを交換です。



まず、フレームに付いているパーツを外します。


固着してこの工具では舐めてしますので、外せません。で、こちら、、。



これで力を掛けれますので、あとはパワーで外します。



火をかけて、ロウを溶かして抜きます。

ダウンチューブをサイズにカットして、新しいクロモリパイプをさして、
ロウ付けします。



この通りです。



直りました、、。
あとは芯だしをして完成です。
クロモリはこのように、修理ができます。
パイプが割れたりしたらこのように交換出来ますし、ヘコミなども直せます。

エンドが曲がったり、割れたりしても交換出来ますし、色々な修理ができます。

この際に、ボトルダボを追加したり、キャリアダボを付けたり、取り除いく事も可能です。
自分なりのアレンジをすると、楽しいですね!

次は再塗装(リペイント)と芯だしの依頼です。



それと、エンド幅が126mmから130mmへの変更です。

マルイシの昔のフレームですが、まだまだ乗れます。
こういうのがクロモリは良いですよね。
規格がかわっても、変更できますし、ディスクになっても台座を付ければ使えます。

話が反れました、、。

エンドの平行を修正して、、、。



ホイールが真っ直ぐになるように調整します。



バッチリ出ました。

次はフロントフォークです。



センターがズレてます、、。



オフセットもズレてます。



フロントエンドの平行も出ていません、、。



1つずつ修正していきます。



ホイールが真っ直ぐに嵌まれば完成です。

あとは塗装に出して出来上がり。


こういう風に、フレームは乗っているとぶつけたり、落車したり、倒したりすると、芯がズレます。
クロモリフレームなら、こういった事でも修正すれば、元どうりに戻ります。
(最初からズレてるフレームもありますが、、。)

オーバーホールの時にチェックするのも良いかと思います。
自転車ショップでは出来ない作業ですので、ショップにオーバーホールを出した際に、こちらまで送って頂ければ、チェック致します。

古いフレームでも、まだまだ使えるのがクロモリの良さです。
これが本当のエコかもしれません、、。

自分のライフスタイルに合った自転車選び、クロモリという素材も選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

またマッキサイクルズ(macchi cycles)ではクロモリフレーム、ステンレスフレームなどでお困りな事ありましたら、ご相談に乗ります。

macchi cyclesのHPより、お問い合わせからご連絡下さい!

ショップ様からの依頼もお待ちしております!タップ(ネジ切り)や、フェイスカット、リーマーなどの切削も、特殊な加工も承ります。


スポンサーサイト

製作あれこれ、、。



クロモリフレームの製作。

製作方法は色々ありますが、macchi cyclesでは溶接はほぼロウ付けで溶接します。

写真のように、ガスで母材を熱して真鍮か銀ロウを流し込みます。

真鍮ロウだと850℃まで熱します。
銀ロウですとだいたい、600℃ほどで低温で溶接できます。

どこにどういう素材のロウを使うかは、
オーダーによって様々です。
強度にいるところには、真鍮ロウを使い、
薄いパイプや、熱をあまりかけたくない所は銀ロウを使います。
これで壊れやすさや、強度が変わるので、それをコントロールしながら1台のフレームに仕上げます。



こちらはラグと呼ばれる、継ぎ手部分。
クロモリフレームによく使われているのを見たことがあるのではないでしょうか?

写真の右側が元のラグで、左側が削って形を整えたモノです。
全然違うのがわかりますでしょうか?
右側はぼてっと不細工に見えます、、。
左側は形を整えてスッキリした、モノに削っています。
メーカー車などではこういった削り込みはしないのが大半です。
こういった細部を整えると、フレーム全体が引き締まって見えます。
しかし、ブランドロゴやコンポばかりに目が行くと、こういう所まで見れてない方が多いです、、。

ラグにはパイプとパイプを繋ぐ役割があります。なぜこんな形をしているかと言うと、乗車したときの応力を分散かつ保持出来るような形状なのです。

装飾と思ってる方もおられますが、凄く理にかなったモノです。
マッキサイクルズでは、オーダー主様に合わせて、ラグの形状を少し変えています。

ラグの先端にも、うちならではの一工夫をしています。
あと、競輪ビルダーさんで多いですが、ラグを薄く作るという事を注文でない限りあまりしません、、。
理由はバンクのように路面に変化がない所ではいいですが、ロードバイクで公道を走ると割れる事もあるからです。
といっても簡単には割れませんが、あまり不用意に薄く削る事はしません。



こちらはパイプをカットして、パイプとパイプを合わせた写真です。



こちらはシートチューブとシートステーの部分です。
トップチューブにはカーボンを使用したモデルです。



こちらはステンレスフレームで、銀ロウのラグレス、フィレットです。
フィレットとはラグみたいな継ぎ手をつかわず(ラグレス)、溶接します。
そして、滑らかなカーブに仕上げているのがフィレットというモノです。



こちらはクロモリフレームのフィレットです。
こちらもラグとは違い、シンプルな感じがでて美しいフレームになります。

このように色々な方法でお客様に合う、たった1つのフレームを完成させていくのです。

またクロモリパイプ(カイセイ、コロンバス、レイノルズ、タンゲ)や、ステンレスパイプ、カーボンパイプの種類についても書いていきます。


また、クロモリフレームなどについてご不明な点ございましたら、マッキサイクルズまでお問い合わせください。



| ホーム |

« | 2019/07 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -