FC2ブログ

クロモリ フレームのmacchi(マッキ)ブルース

オーダー クロモリフレーム ビルダーのブログ

マフェトン理論

トレーニングについて考えてみた。

マフェトン理論。

これはひたすらLSDを行うというもの。
180公式で180-年齢の心拍数を目安にエアロビック(有酸素運動)トレーニングをする。
エアロビックトレーニングをしっかりできてからでないと、無酸素運動はしてはいけないと有ります。

エアロビックトレーニングでエアロビック筋を鍛えるとどういうことが起こるのかというと、
エアロビック筋のエネルギーは脂肪なので、エアロビック筋を鍛えると脂肪の燃えやすい体になります。
エアロビック筋に対してアネロビック筋と言う物も存在します。
アネロビック筋は糖質をエネルギーに動き、無酸素で動く激しい運動の時に使われます。
アネロビックな運動は激しい運動なので、体の害になる活性酸素を発生させ筋肉に大きなダメージを与え回復にも時間が掛かります。また糖質をたくさん使うの で、エアロビック筋を良く鍛えていない状態では血糖値が急に下がってしまう事もあります。

疲れやすく、スタミナがない。
おなかがすきやすい、甘いのもが食べたくなる。
食後に眠気を感じる。
太りやすい。
イライラしやすい。

以上の項目に当てはまる人は体の中の脂肪分をエネルギー源として使うエアロビックシステムがしっかりしていない人です。

などなど・・・・・。
食事方法や ストレッチの是非などまだまだいろいろあります。


なかなか難しいトレーニングである。
仲間と走るとついつい飛ばしてしまうし、坂では心臓が飛び出るぐらいがんばってしまう・・。
こんなんではぜんぜんだめらしい。

とりあえず、速くはなりたいが、気持ちよく走ることを優先する。それが一番である。byマッキー理論


また続き書きます・・・。




スポンサーサイト



コメント:

よし、じゃ俺も次回からはマフェトン理論で走るとしよう !
そやし登りや平地で遅れたとしてもそれは千切れた訳ではないので悪しからず(笑)

Re: タイトルなし

むむむ・・・。
マフェトン理論となると仕方ないか・・・。


しかし、マッキー理論では「飛ばしたい時はとばしちゃえ!」
です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mackyrock.blog.fc2.com/tb.php/36-01bb8fa2

| ホーム |

« | 2021/08 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -