FC2ブログ

クロモリ フレームのmacchi(マッキ)ブルース

オーダー クロモリフレーム ビルダーのブログ

修理、芯だしなど、、。

今回も修理などの作業です。

ビバロ(VIVALO)のクロモリオーダーフレームのダウンチューブ割れで、ダウンチューブを交換です。



まず、フレームに付いているパーツを外します。


固着してこの工具では舐めてしますので、外せません。で、こちら、、。



これで力を掛けれますので、あとはパワーで外します。



火をかけて、ロウを溶かして抜きます。

ダウンチューブをサイズにカットして、新しいクロモリパイプをさして、
ロウ付けします。



この通りです。



直りました、、。
あとは芯だしをして完成です。
クロモリはこのように、修理ができます。
パイプが割れたりしたらこのように交換出来ますし、ヘコミなども直せます。

エンドが曲がったり、割れたりしても交換出来ますし、色々な修理ができます。

この際に、ボトルダボを追加したり、キャリアダボを付けたり、取り除いく事も可能です。
自分なりのアレンジをすると、楽しいですね!

次は再塗装(リペイント)と芯だしの依頼です。



それと、エンド幅が126mmから130mmへの変更です。

マルイシの昔のフレームですが、まだまだ乗れます。
こういうのがクロモリは良いですよね。
規格がかわっても、変更できますし、ディスクになっても台座を付ければ使えます。

話が反れました、、。

エンドの平行を修正して、、、。



ホイールが真っ直ぐになるように調整します。



バッチリ出ました。

次はフロントフォークです。



センターがズレてます、、。



オフセットもズレてます。



フロントエンドの平行も出ていません、、。



1つずつ修正していきます。



ホイールが真っ直ぐに嵌まれば完成です。

あとは塗装に出して出来上がり。


こういう風に、フレームは乗っているとぶつけたり、落車したり、倒したりすると、芯がズレます。
クロモリフレームなら、こういった事でも修正すれば、元どうりに戻ります。
(最初からズレてるフレームもありますが、、。)

オーバーホールの時にチェックするのも良いかと思います。
自転車ショップでは出来ない作業ですので、ショップにオーバーホールを出した際に、こちらまで送って頂ければ、チェック致します。

古いフレームでも、まだまだ使えるのがクロモリの良さです。
これが本当のエコかもしれません、、。

自分のライフスタイルに合った自転車選び、クロモリという素材も選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

またマッキサイクルズ(macchi cycles)ではクロモリフレーム、ステンレスフレームなどでお困りな事ありましたら、ご相談に乗ります。

macchi cyclesのHPより、お問い合わせからご連絡下さい!

ショップ様からの依頼もお待ちしております!タップ(ネジ切り)や、フェイスカット、リーマーなどの切削も、特殊な加工も承ります。


スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mackyrock.blog.fc2.com/tb.php/404-6b7a4977

| ホーム |

« | 2020/02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29