カーボンフレームの修理

0 0
前回のクロモリフレーム修理(フォーク)修理から、今回はカーボンフレームの修理をいたします。

フレームはイタリアのコルナゴという超有名ブランド。
その中でもトップグレードのCシリーズです。
7年ほど前のフレームで、モデルはC59です。



こちらのモデルはカーボンラグとパイプを接着して作られています。
(ラグとは、クロモリでも良く使われる継ぎ手部分)

そこのチェーンステーとリアエンド部が外れてます。



まずは剥離をしている接着剤を剥がします。これをしないと、また剥がれる恐れがあります。
チェーンステーのパイプの内にも残っているので除去します。

この地点で、芯が出るか、ホイールがしっかりとセンターにくるかをチェックしておきます。

それから接着剤を使い固定します。
しっかりとセンターが出る位置で固定して、接着剤が固まるまで待ちます。



センターをチェックして完成です。




このような投稿をするとよく聞かれます。
原因は何ですか?と、、、。
答えは、よくわかりません、です。

まず、使った材料、接着剤に問題がなかったか?

製作の際に、手順を間違ってなかったか?

保管や、使用時に問題はなかったか?

この3つにどれかだと思いますが、
よくわかりません、、、。

形が有るものはいつかは壊れます。
なるべく長く使いたいですが、
全てにあてはまりませんが、レース機材は寿命が短いのが当たり前と考えて、モノを選ぶのがよいかもしれません、、、。

とりあえず、また使えるようになったので、良かったと思います。

またマッキサイクルズではクロモリフレーム修理(パイプ差し替え、エンド修正、再塗装、BBタップなど)も承っております。

以前のブログにも過去事例なども載せてますので、見てみて下さい。

トップチューブ・ダウンチューブ..シートチューブ差し替え  ¥17,000-
(ボトルダボは別途料金)メッキはアップチャージ

後ろ三角パイプ差し替え(片側1本) ¥14,000ー

パイプへこみ修理 ¥3,500 ー

リアエンド差し替え左右 ¥18,000ー

ボトルダボ(1ヵ所)追加 ¥3,000-

フロントフォークディスク台座(ポストマウント) ¥7,500-

リアディスクブレーキ台座(ポストマウント) ¥7,500-
補強 3,000-

ブレーキブリッジ取付け  ¥8,000ー

カンチ、Vブレーキ台座 F,Rの各1ペア  ¥ 5,500-

ダブルレバー台座  ¥4,500-

FD直付け台座 ¥6,000-

チェーンフック ¥2,500-

ワイヤー受け(1か所) ¥3,000-

キャリアマウント(1ペア)  ¥5,000-

泥除け用アイレット(1ペア)  ¥3,000-

フィレット仕上げ(1か所)  ¥6,000-

ワイヤー内蔵加工 1本当たり ¥9,000-

フォークコラム延長 ¥10,000-

フォークヘッドパーツ規格変更 
  JIS→ITA切削のみ ¥4,000-
  ITA→JIS 溶接、切削 ¥12,000-

エンド幅変更 ¥3,500-

フレーム芯出し¥2,500~5,000-
(状態により変動)


記載以外クロモリフレームの改造や修理、フレーム芯出し、
メンテナンス、オーバーホールなど、承っております。

記載の加工の多くが溶接ですので、施工部の塗装が確実に剥離いたします。

塗装費は工賃に含んでおりません、、、。ご注意ください。

また、リペイント(再塗装)もフレーム30,500~
フォーク12,000~からお受けしております。
カーボンは+15000円

ご不明や点ありましたら、macchi cycles までご連絡下さい。



ページトップ