FC2ブログ

クロモリ フレームのmacchi(マッキ)ブルース

オーダー クロモリフレーム ビルダーのブログ

修理、修理、、、。

毎回、ショップさんでは手に負えない修理が入ってきます。

まずはカーボンフレーム。
カーボンフレームのワイヤー受けの金具を留めているボルトが取れないという修理依頼。
フレームに固定されていたナットが、腐食して空回りしてました。
ボルトは削り落として取り外し。

IMG_20210505_220536_259.jpg


これでは取り付け出来ません。
しかし、このフレームではリベットも打てませんし、内側に手を入れるのも困難でした、、、。
普通のナットでは小さすぎるので、自作で鉄板を切り出し、そこにネジを切ってナットに。
フレーム内側に自作のナットを固定して完成。
固定は専用の接着剤で。

今回の件、お客様(ショップさん)がメーカーに修理依頼したら、出来ないとの事。
メーカーは売りっぱなしで修理はしない?
このボルトが取れないだけで、買い替え?
もう少ししっかりと対応して欲しいと思います。
皆さんもモノを選ぶ時は、アフターも含めた事も考えた方が良いかと思います。


次はクロモリフォークの修理です。
落車で曲がったクロモリフォーク。

IMG_20210505_221528_216.jpg

IMG_20210505_221528_306.jpg


結構頑丈なフォークですが、曲がってます。
こちらを修正して芯を出していきます。

前後左右と合わせながら、完成です。
これで真っ直ぐ走ってくれます。

IMG_20210505_221528_252.jpg

IMG_20210505_221528_323.jpg


クロモリですと、フォークもそうですが、
フレームも修正出来ます。
落車などで自転車が倒れた時に、へこみなどが出来てもなおります。

このへんがクロモリフレームの良さの1つです。
しかし、こちらも大手メーカーさんは直してくれません、、、。
これが自社のフレームで、国内メーカーであっても、直してくれません。
クロモリの良さの1つをやろうとしてません。

こういった場合、macchiのような個人ビルダーが直すのがほとんど。
修理というのは難しい。
自転車のパーツなど交換して済む、メンテナンスとは違います。
別にメンテナンスが簡単と言っているのではなく、うちは両方やってますので、修理の方が難しいと思ってます。

色々難しい修理も受けれるように努力しております。
フレーム、フォークの修理にお困りの方は、1度ご相談ください。

またmacchiフレームも承っております。
クロモリ、ステンレス、カーボンハイブリッドフレームなどを製作いたします。

リムブレーキ(アーチ、Vブレーキ、カンチ)やディスクブレーキ、その他の色々な規格も対応させて頂きます。
こちらもご相談ください。

macchi cycles HP
連絡等はこちら
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://mackyrock.blog.fc2.com/tb.php/452-caf126ec

| ホーム |

« | 2021/07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31